患者様の立場に立った良質な医療サービスを目指します

医療法人せのがわ

アルコール依存症
治療プロジェクト

アルコール依存症治療プロジェクト

“アルコール依存症”でお困りの方へ

「アルコール依存症ってどんな病気?自分はどうなんだろう」 「アルコール依存症の治療ってどういうことをするの?」 「体のことが心配で止めてほしいと言うけれど、耳を傾けてくれない」

まずは、ご相談ください。

“アルコール依存症”ってどんな病気?

「止めようと思っているのに止められない」

アルコール依存症とは、脳の慢性疾患であり、自分の意思の力だけでアルコール使用をコントロールすることができなくなっている状態のことをいいます。脳の機能が以前とは変わり、他のどんな大事なことよりもアルコールを使用することが最優先される生活になります。厚労省研究班(2013)の調査によると、アルコール依存症者(ICD-10診断基準による)は全国で109万人、リスクの高い飲酒者は1039万人にも上るという結果がでています。この数字を広島県の人口(2012年)に当てはめるとアルコール依存症は12,300人と推計されますが、県内でアルコール依存症の治療を受けている人は約1,500人であり、多くのアルコール依存症の方が治療を受けていない可能性があります。

アルコール依存症は進行性の病気です。問題や影響が大きくなる前に、早めに治療を始めることが大切です。アルコール依存症は、糖尿病や高血圧と同じように完治はありませんが、回復は可能です。

当院で行っているアルコール依存症治療

外来通院

定期的に精神科Dr.の診察を受けながら、お酒の問題について取り組んでいきます。問題の大きさや状況によって、提案される治療法は異なってきます。アルコール依存症は進行性の病気ですので、最終的には断酒の継続をすすめられることが多くあります。一般的には、断酒の3本柱(通院、抗酒剤の服用、自助グループ)の実践が回復のための手立てとして言われていますが、当院ではそれらに加えて訪問看護やデイケアの利用などを提案し、断酒の継続を目指していきます。

また、当院のアルコール治療プロジェクトにご参加いただくことも可能です。いつでもお酒が手に入る環境の中で、お酒とどうつきあっていくのか、一人で考え実行するのはとても大変です。ぜひ、同じ問題を抱えた仲間やプロジェクトスタッフと一緒に考えてみませんか。

入院治療

まずは、離脱症状や内科疾患などに対して適切な治療を行います。それらの症状が落ち着いた頃、主治医や担当スタッフよりアルコール依存症治療プロジェクト参加について提案があります。参加は自由ですが、退院後の生活をどのように過ごしていくのか、プロジェクト参加を通して一緒に考えてみませんか?

アルコール依存症治療プロジェクトのご紹介

当院では、アルコール関連疾患の治療(外来通院および外来通院)を受けられている方を対象とした治療プロジェクトを実施しております。アルコールに対して正しい知識を学び、より健康的で安全な回復を目指すことを目的とし、さまざまなプログラムを用意しております。

参加の際には、まず担当スタッフと一緒に今後の目標を考えていただきます。もちろん断酒をおすすめしますが、ハームリダクション(お酒の害を知り、危険な飲酒の低減を目指す)の考えのもと、減酒を目標とすることも可能です。これまで、なぜアルコールを必要としてきたのか、どんなときに必要としていたのかなどの飲酒の引き金の特定とその対処法を習得し、実行できる自信を身につけることを目標に自己洞察を深めていきます。

プログラム参加を通して、アルコールという依存性物質に頼ることなく、それ以外の健康的な方法で生活上のストレスに対処し、自己実現を目指していきます。今後、どのような生活、人生を送っていきたいのかを一緒に考えてみましょう。

当院で実施している治療プログラム

SMARPP(スマープ)

アルコール依存症からの回復支援ワークブック(SMARPP)を使用し、再発予防を目指します。少人数で構成されたグループの中でテーマに沿って、看護師、心理士、薬剤師、精神保健福祉士の他職種により進行をしています。

アルコール勉強会

アルコールが及ぼす影響について学習します。精神科医、内科医、看護師、心理士、薬剤師等が担当し、それぞれの専門的な立場からのお話しをします。

集団活動

スポーツ、ゲーム、料理活動、Walk&Workを通して、余暇活動の獲得などを目指します。
※Walk&Workとは・・・「歩ける事の喜びを知るとともに他者と共有できること、活動を通して自己を振り返る」ことを目的に実施しています。瀬野川の河川敷の清掃活動を行いながら1時間程度歩きます。

自助グループ(AA・断酒会)

アルコール依存症からの回復には、酒害をよく理解し、アルコールのない生活を送り続けることが第一条件です。断酒継続のためには、同じ悩みを持った仲間が集まり、互いに励まし合いつつ、酒のない毎日を積み重ねることが大事です。

プログラム週間予定表

  午前 午後
月曜日 SMARPP(スマープ) 時間:15:00~16:00
場所:N棟5階作業療法室
※祝日等の関係により日程は変更する場合があります
水曜日 SMARPP(スマープ) 時間:15:00~16:00
場所:N棟5階作業療法室
※祝日等の関係により日程は変更する場合があります
金曜日 アルコール勉強会 時間:10:00~11:00
場所:N棟5階作業療法室
WALK&WORK 集団活動 時間:9:30~11:30
場所:N棟5階作業療法室
自助グループ 時間:13:30~15:00
場所:Senoリバービレッジ
断酒会(第2・4週) 場所:院内AA(毎週)
土曜日 家族会(第3週) 時間:14:00~16:00
場所:Senoリバービレッジ ※家族会についての詳しい情報はこちら 家族会・家族教室
※入院形態により院外活動に参加できない場合があります。
※やむを得ずプログラムの変更もしくは中止をする場合があります。

アルコール依存症治療プロジェクトスタッフ

当院では、精神科医、看護師、臨床心理士、心理士、薬剤師、作業療法士、精神保健福祉士の他職種によるアプローチを特徴としています。また、各病棟、デイケアにアルコール依存症治療プロジェクトスタッフを配置しており、患者様が治療を受けられる各現場で専門的な相談ができるようにしています。

専門スタッフの研修履歴について

外部講演実績について

専門スタッフによるアルコール依存症の外部講演実績についてはこちらです。

アルコール依存症は、回復可能な病気です。自身の病気を理解し、現状を知ることで対応ができるようになっていきます。まずは、一人だけで、または家族だけで問題を抱え込まずに専門機関へ相談することから始めてみましょう!

ご家族、関係者の方へ “家族会”のご紹介

当院の家族会について

アルコール依存症は周囲の人や家族を巻き込む病気と言われています。これまで、ご本人に対して一生懸命やってきたにもかかわらず、問題や心配が改善されず、どうしたらいいのだろうかと無力感を感じておられませんか?

当院では、第3土曜日14:00~16:00に家族会を開催しております。

家族の負担を軽減する、ご本人を治療につなげることに効果があると言われているCRAFT(Community Reinforcement And Family Training)を主に実施しています。また、断酒ふたば会の家族会員の方も一緒にご参加していただいており、ご家族や関係者の方の困っておられることについてお気軽にご相談ください。

家族会についてのご質問はこちらからお問い合わせください。

昨年度の実施内容について

吉田清次(藍里病院副院長)先生とASK(アルコール薬物問題全国市民協会)著書の「アルコール・薬物・ギャンブルで悩む家族のための7つの対処法-CRAFT」のテキストを使用しています。毎月、1テーマずつ実施していますが、参加者のニーズによって取り扱うテーマや内容を変更することもあります。

4月 「あなた自身の生活を豊かにする」
5月 「治療をすすめる」
6月 「アルコール依存症とは」
7月 「安全第一(暴力への対策)」
8月 「コミュニケーションを変える」
9月 「望ましい行動を増やす方法」
10月 「イネイブリングをやめるとは?」
11月 「イネイブリングをやめるとは?」
12月 「あなた自身の生活自身を豊かにする」
1月 「治療をすすめる」
2月 「アルコール依存症とは」
3月 「コミュニケーションを変える」

情報リンク

医療法人せのがわ