患者様の立場に立った良質な医療サービスを目指します

医療法人せのがわ

初代研究所所長
小沼杏坪先生のご紹介

初代研究所所長 小沼杏坪先生のご紹介

初代研究所所長 小沼杏坪先生のプロフィール

小沼杏坪 (こぬまきょうへい)

昭和42年群馬大学医学部卒業。

昭和46年から国立下総療養所に精神科医師として勤務。

昭和50年から同薬物依存・中毒専門治療病棟の担当医師として勤務して以来、30年近くアルコール・薬物依存症の診療に従事している。

平成13年8月から院長津久江一郎の経営理念に共感し、医療法人せのがわ瀬野川病院において引き続き、アルコール・薬物依存症の診療およびその家族指導・教育に携わりながら、同KONUMA記念広島薬物依存研究所において研究に従事。

文部科学省・法務省・厚生労働省の関係部局、教育委員会・精神保健福祉センター等が主催する薬物乱用・依存の予防・治療など関係職員研究会の講師。

初代研究所所長 小沼杏坪先生の共訳書・主要著書

専門分野

精神医学、特に「薬物依存の予防・診療・社会復帰に関する臨床的研究」および「薬物乱用の需要削減に関する行政的研究」

共訳書

  • 「コカイン」(星和書店、1991)

主要著書

  • 「薬物乱用・依存問題の理解のために」(第一法規、1989)
  • 「薬物乱用と健康」 (共著、一橋出版、1991)
  • 「第2版 覚せい剤依存症」(共著、中外医学社、1993)
  • 「シンナー乱用の治療と回復」(ヘルスワーク協会、1994)
  • "Amphetamine and its analog"(共著、Academic press、1995)
  • 「薬物依存症ハンドブック」(共編著、金剛出版、1996)
  • "AMPHETAMINE MISUSE-International Perspectives on Current Trends"(共著、harwood academic publishers、1997)
  • 「臨床精神医学講座8 薬物・アルコール関連障害」(共著、中山書店、1999)
  • 「Don't Do! Drugs」(共監修、日本教育新聞社、1999)
  • 「リブ ドラッグフリー」(共著、学研、2000)
  • 「薬物乱用防止の知識とその教育」(共著、薬事日報社、2001)
  • 「人類の安全保障を守る」(共著、東海大学出版、2003)
  • 「アルコール・薬物関連精神障害の診断・治療ガイドライン」(共著、じほう、2003)
  • 「ドラッグ・コート」(監訳、丸善、2006)
  • 「精神・心理機能評価ハンドブック」(共著、中山書店、2015)
KONUMA記念広島薬物依存・地域精神保健研究所
  • KONUMA記念広島薬物依存・地域精神保健研究所
  • 〒739-0323 広島市安芸区中野東4丁目11-13(瀬野川病院内)
  • TEL(082)892-1055(代)
  • FAX(082)892-1390
  • お問い合わせフォーム