患者様の立場に立った良質な医療サービスを目指します

医療法人せのがわ

在宅支援

在宅支援

4種類の在宅支援

ご自宅にて療養生活を送られている方に対し、看護師やホームヘルパーがご自宅に出向き、医療や介護サービスを受ける事ができるための様々なサポートを行うなど、在宅療養の継続を支援する各種業務です。

4種類の在宅支援サービスのご案内

訪問看護

訪問看護

訪問看護とは

病気、けが、加齢によって居宅で継続して療養生活を送られている方に対し、看護師等が定期的に訪問し、病気・ケガの予防や早期発見が可能となり、生活の質を維持することを目的とします。

訪問看護のサービス内容

  • ・健康相談
  • ・精神・心理的な看護
  • ・日常生活の看護
  • ・リハビリテーション(作業療法士等の機能訓練)
  • ・介護者の相談
  • ・社会資源の使い方相談  等

利用料

各種保険と公費負担の利用が可能です。詳細はお問い合わせください。

電話相談について

看護に関する相談を看護師が電話にて受けています。時間外・休日については、電話当番担当者に自動転送されます。

施設のご案内


訪問介護

訪問介護

介護保険での訪問介護とは

要介護認定を受けている方を対象とする訪問介護です。介護を必要とする在宅で暮らされる方へ、ホームヘルパーが身体介護や家事の援助を行います。介護をされている方の、介護における負担を軽減します。

介護保険での訪問看護のサービス内容

身体的な援助 生活面の援助
食事の介助、排泄の介護、衣類着脱の介護、入浴の介護、身体の清拭、洗髪、通院等の介助、その他必要な介助及び介護 調理・衣類の洗濯、補修、住居の掃除、整理整頓、生活必需品の買い物、関係機関との連絡、その他必要な家事

障害福祉サービスでの訪問介護とは

障害者自立支援法に基づき、障害のある人が住み慣れた地域で安心した生活が出来るようサポートします。

障害福祉サービスでの訪問看護のサービス内容

  • ・身体介護サービス
  • ・家事援助サービス
  • ・移動支援サービス(外出時の付き添い等)

利用料

介護保険の場合は費用の1割は自己負担。障害福祉サービスの利用の場合はお問い合わせください。

施設のご案内


居宅介護支援

居宅介護支援

居宅介護支援とは

介護保険制度でサービスを利用する際に必要な介護支援計画(ケアプラン)を、作成します。

作成した介護支援計画(ケアプラン)を元に、サービス事業所や介護保険施設への連絡調整をしたり、その他の社会資源の紹介をします。

対象者は

日常生活を送るために介護や支援が必要な65歳以上の方。指定された病気がもとで日常生活を送るために介護や支援が必要な40歳以上、65歳未満の方。

利用料

介護保険から全額支給されるので、自己負担はありません。

施設のご案内


ショートステイ(短期入所生活介護)

ショートステイ(短期入所生活介護)

ショートステイ(短期入所生活介護)とは

ご家族が出張、旅行等で一時的に不在になるため一人の生活に不安を持たれている方や、その他の理由で自宅での生活に困っている方が短期間利用していただくことができます。

グループホームの入所を希望されている方の体験利用としてもご利用して頂くことができます。

ご利用にあたって

障害福祉サービス(短期利用)の申請が必要です。詳しくはグループホーム ミットレーベンまでお問い合わせください。

施設のご案内


在宅支援施設の訪問エリア

訪問エリア