患者様の立場に立った良質な医療サービスを目指します

医療法人せのがわ

就労支援

就労支援

就労継続支援B型事業/就労移行支援事業ジョブハウス ノイエ

実際に働きながら一般的な就労の訓練と経験が学べる、実践訓練型の就労支援施設。

ノイエで学ぶ就労移行支援は、お好み焼き屋の店舗業務、洗車・清掃業務を用いることにより、実際の職場にて就労への体力・スキルを獲得できるため、より実践的な訓練が可能です。

さらに、時給による工賃支給があるため、モチベーションの向上にも繋がります。

B型は、ゆっくりと一般就職を目指したい方や、マイペースに生産活動に取り組みたい方に対して、ベーカリーの店舗業務、または農耕業務を用いて、就労に必要な訓練を行います。

また、月に一度、心理療法を用いたミーティング活動や、ボーリング・バーベキューなどのレク活動も開催しています。

  • ノイエが運用している本格的な自家農園
  • 新鮮な野菜を育てている屋上菜園
ノイエ 係長長和 洋光

患者様の社会復帰、社会参加を就労、就職まで支援します。

国をあげて障がい者雇用を推し進めている中、早い段階で医療法人として、障がい者の方々の就労、就職を支援する施設として、平成22年4月にノイエは立ち上がりました。

ノイエの立ち上げに際し、特に考慮したものとしてまず【精神疾患がありながらも充実した人生を送る状態】を再確認し、慢性的な疾患を抱えながらも、就労生活を支援し、患者様が望む可能な限りの就労スタイルを構築することが、QOLに結びつくと考えました。

次に治療や支援をする上で、精神疾患の方は、慢性疾患の要素が強いと言われています。慢性疾患の方には、【日常生活支援の視点】が必要となります。

そこには必然的に就労活動も視野に入ること。さらに、【働くこと自体が最大のリハビリ】を理念とし、訓練の為の訓練にすることなく、実際にリアリティーある職場作りを行い、そこで活動することを実践、支援すれば自ずと【治療として就労(ノイエ)が役に立つ】と考えました。

実際にノイエを利用することで、精神症状が不安定になることも考えられますが、単に就労によるストレスが原因と安直に判断せず、医療、主治医と連携し【感情と行動を整理】する解決志向型の介入が大切だと考えています。

患者様を、生物学的視点、心理学的視点、そして社会存在的視点で捉え、ノイエでは医療と連携し、病人としてではなく、人間としての関わりを重視し、三位一体の視点を考慮してゆきます。

就労継続支援B型事業ベーカリー ノイエ

あせらず、ゆっくりと、前へ前へ。実際にベーカリーで仕事をしながら社会復帰を目指します。

ゆっくりしたペースで一般就職を目指したい方、マイペースで生産活動にとりくみたい方に、知識及び能力向上のための必要な訓練を行います。

業務内容

  • パンの製造・販売、関連施設の清掃 ほか

営業時間

  • 店舗営業時間月曜日~土曜日 10:00~15:00(日・祝休み)
  • 訓練提供時間月曜日~土曜日 9:00~17:00(日・祝休み)
※施設の特性上、平日の休みもありますのでお問い合せ下さい。

就労移行支援事業お好み焼 のいえ

お好み焼き屋で体験する実務を通じて、社会復帰に向けた経験と自信・スキルを身につけていきます。

一般企業への就職を希望する方に、一定期間(24ヶ月)、就労に必要な知識及び能力の向上のために必要な訓練を行います。

業務内容

  • 本場のお好み焼の製造・販売、関連施設の清掃、洗車 ほか

営業時間

  • 店舗営業時間月曜日~土曜日 10:00~15:00(日・祝休み)
  • 訓練提供時間月曜日~土曜日 9:00~17:00(日・祝休み)
※施設の特性上、平日の休みもありますのでお問い合せ下さい。

お問い合わせ

就労継続支援B型事業・就労移行支援事業 ジョブハウス ノイエ