患者様の立場に立った良質な医療サービスを目指します

医療法人せのがわ

前期臨床研修
プログラム

前期臨床研修プログラム

当院は初期臨床研修プログラムの協力型研修病院となっております。前期臨床研修プログラムの受け入れ実績については、「実習・研修・ボランティア」ページをご覧下さい。

受け入れ実績はこちら

精神科病院としての特色

特徴あるスタッフ陣容

  1. 精神保健指定医
  2. 精神科七者懇「臨床研修指導医講習会」修了者
  3. 司法精神医療等人材養成研修会を修了した「心神喪失者等治療観察法」の精神保健判定医、精神保健参与員
  4. 広島県精神病院協会倫理審査委員会委員
  5. PANSS、DIEPSの判定研修会修了の治験医師

精神科臨床研修の到達目標

  1. 医療倫理に関する講座:魚住顧問(広島大学名誉教授、脳神経外科学)
  2. 措置入院患者の比率は他府県の公立病院なみに高いです。ちなみに平成25年1年間の入院患者合計は945名、疾患別内訳は統合失調症36%、躁うつ病 11%、アルコール関連精神障害25%、薬物関連精神障害10%、その他18%であり、平均在院日数は124日です。したがって、精神保健指定医申請のための適切な症例は充足しています。
  3. 広島県・市精神科救急システムにおける実地業務:精神保健福祉法上の措置診察、県・市からの委託移送業務ほか
  4. アルコール関連精神障害の治療:医師・看護師・心理士・作業療法士・PSWによるアルコール治療プロジェクト・チーム(PT)を組み、集団精神療法およびAA・断酒会のミーティングなどのプログラムがあります。
  5. 薬物関連精神障害の治療:薬物治療PTを組み、集団精神療法、家族教室などを実施しており、特に薬物関連精神障害の患者では、キャッチメント・エリアが広いです。
  6. 統合失調症の治療:統合失調症治療PTによる心理社会的教育プログラム(集団精神療法)および家族心理教育プログラム、家族会を実施しています。これにより、第2世代抗精神病薬の導入による認知機能改善に見合った治療成績の向上を目指しています。
  7. 社会的逸脱行動(過食嘔吐・過量服薬・リストカットなど)を示して事例化する境界型人格障害に対する全人間的認知行動療法(小沼)
  8. 放射線科、内科など他科の医師が常勤しており、身体合併症に対しても適切な診療が提供できます。
  9. 司法精神医療および司法鑑定業務
  10. 精神科急性期治療や薬物依存症に関しては、厚生労働省科学研究による各種調査・研究に協力しております。
  11. 新規抗精神病薬などの治験研究の受託

募集定員

臨床研修医の募集定員(暫定) 1〜3ヵ月間研修を前提とし同時期には2〜3名程度とする。

おすすめコンテンツ

  • 採用情報に関するお問い合わせ
  • 医療法人せのがわ(採用担当 総務:山口・中丸 宛)
  • 〒739-0323 広島県広島市安芸区中野東4-11-13
  • TEL(082)892-1055
  • FAX(082)892-1729
  • 採用専用・お問い合わせフォーム