患者様の立場に立った良質な医療サービスを目指します

医療法人せのがわ

広島市東部認知症
疾患医療センター

広島市東部認知症疾患医療センター

最近こんなことはありませんか?

  • 同じことを何度も言う、問う
  • 置き忘れが多く、探し物ばかりをしている
  • 約束の日時や場所を間違える。約束を忘れてすっぽかしてしまう
  • 怒りっぽくなった。周囲への気遣いがなくなり頑固になった
  • 単純な仕事や計算なのに四苦八苦してしまう
  • 鍋を焦がしてしまう。料理の失敗が増えてきた
  • 服に気を使わなくなる。何となくだらしなくなる。おなじ服ばかり着ている

老化による物忘れと認知症は違います

老化によるもの忘れ 認知症によるもの忘れ
  • 体験したことの一部を忘れる
  • ヒントがあると思い出せる
  • 忘れやすいことを自覚している
  • 思考力・判断力は変わらない
  • 年月日を間違える事はあるが、季節の感覚はハッキリしている
  • 忘れっぽさがあまり進行していない
  • 日常生活に影響はない
  • 体験したこと自体を忘れる
  • ヒントを出しても思い出せない
  • 忘れたことを自覚していない
  • 思考力・判断力も低下する
  • 時間や季節・場所などが分からなくなる
  • どんどんもの忘れがひどくなる
  • 日常生活に支障をきたす
早期診断と早期治療により、認知症の進行は抑えられます

早期診断・早期治療が大切な理由

認知症は治らないから、病院に行っても仕方がないと考えていませんか?認知症も他の病気同様、早期診断・早期治療が大切です。

記憶や意識が明確なうちに備えることができます

早期診断により、ご本人・家族が今後の生活への備えをすることができます。それにより生活が安定し、その後起こりうるトラブルを減らすことにもつながります。

治療により改善する場合があります

正常圧水頭症や慢性硬膜下血腫によるものなど、早期発見・治療により改善可能なものがあります。

進行を遅らせることが可能です

 アルツハイマー病には、進行をある程度遅らせることができる薬があり、早く使い始めることが効果的だと言われています。また、脳血管性認知症では、生活習慣の予防が進行の予防につながります。

認知症疾患医療センターとは

認知症や、その疑いのある方の診断をおこない、予防・治療・介護を総合的に支援することを目的としています。

MRI・SPECT等の専門的検査が必要な場合は、連携病院をご紹介します

対応サービスについて

専門医療相談(電話)

各種相談を受け付けています。

  • ・もの忘れが気になる
  • ・認知症かもしれない
  • ・認知症の治療をおこなう病院の情報が欲しい
  • ・介護保険について知りたい
  • ・家族が介護する中、困っていることがある

鑑別診断(予約制)

各種精密検査による鑑別診断を受け付けています。

  • ・血液検査
  • ・尿一般検査
  • ・心電図検査
  • ・心理検査
  • ・CT/MRI/SPECT 等を実施し、鑑別診断を行います。
  • ※MRI/SPECTを行う場合は提携病院をご紹介します。

診察医

センター長
精神保健指定医
認知症臨床専門医
古庄 立弥
広島市東部認知症疾患医療センター
  • 広島市東部認知症疾患医療センター
  • 〒739-0323 広島市安芸区中野東4丁目11-13
  • TEL(082)893-6266
  • 受付:月曜日〜金曜日
  • 午前:9:00〜12:00 午後:13:00〜16:30
    (土・日・祝日・お盆・年末年始を除く)
  • お問い合わせフォーム