患者様の立場に立った良質な医療サービスを目指します

医療法人せのがわ

  • スタッフブログ
  • 『OPTION B』


著者:シェリス・サンドバーグ
アダム・グラント
訳:櫻井祐子
出版社:日本経済新聞出版社
発行年月日:2017年7月19日

こんにちは!Side&bisです。
タイトルから、内容が想像できなくて、つい手に取って読んだ本をご紹介します。
結論から言えば、OPTION Bとは、別の選択肢。

OPTION Aが「夫と共に生きる人生」だとしたら、OPTION Bは、
「夫が急死し、突然いなくなり、不完全だが選択せざるを得ない人生」
著者のシェリス・サンドバーグさんは、FacebookCOO(最高執行責任者)で、
女性のビジネスリーダーとして、世界的に有名な方。

夫と二人の子ども。やりがいのある仕事・・・と、幸せな人生で起きた、
夫の突然の病死を迎えた最悪の事態からこの本は始まります。
どんな人にも大切な人との別れというのが訪れると思います。
この本では、著者が夫の死を受け入れ、夫を思うあまり、辛さや悲しみばかりが
中心のの生活を、本来の生活に戻っていくために、様々な方法を用いています。

特に、友人や知り合いの医師、心理士、同じ経験をした友人等から聞いた、
「適切だ」と思われる方法を忠実に行っている著者は、やはり凄い人だと思いました。
そして、その「適切だ」と思われる方法について、研究論文や著書等の紹介がこの本には
数多く紹介してあり、著者はなぜこの方法が「適切か」という事をしっかり理解した上で
行っている所は、さすが、大企業のCOOだと感心します。
自分を取り戻すために行った「ジャーナリング」という、考えを思いつくままひたすら書き出す手法や、
感謝したことを書きだしたり、他人のために出来た事を書き出す事など、
感情を言葉にする(或いは文字にする)事も詳細に書かれているように、言葉にすることは、
自分で自分の気持ちをコントロールする上でとても大事な事なのだと思いました。

文中にもありましたが、「自分を殺し損なったものが、自分を強くしてくれる」というニーチェの言葉どおり、
著者は、夫との死別の悲しみとしっかり向き合い、受け止めて、肉体的には亡くなった夫を忘れないように、
どんな風に心に留めておくのかを自分なりに答えをだして、更に強くなった彼女が、
これからの人生をOPTIONBで歩んで行くという、女性として、人間として、強さを学ぶ1冊でした。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
「分かっちゃいるけど止められない!」
お酒やギャンブルに依存しているのでは?と
思った事はありませんか?
医療法人せのがわ では、専門のスタッフが、依存症
の治療プログラムを行っています。

アルコール・ギャンブル依存についてのご相談は
よこがわ駅前クリニックまで、お問い合わせ下さい。
https://senogawa.jp/yokogawa/

アルコール・薬物依存についてのご相談は、
瀬野川病院まで、お問い合わせ下さい。