患者様の立場に立った良質な医療サービスを目指します

医療法人せのがわ

新着情報

  • メディア
  • 中国新聞に加賀谷医師の記事が掲載されました

5月11日(土)中国新聞朝刊「くらし」面に、依存症に関する記事内で加賀谷医師の取材記事が掲載されました。

 


※写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。

 

「KONUMA記念広島薬物依存・地域精神保健研究所」について

当研究所では「依存性薬物を使わないための啓発」「依存性薬物が神経伝達物質等に及ぼす影響に関する研究」「ギャンブル依存等のプロセス依存における脳機能に関する研究」「依存症等の症状の複雑化・重症化を防ぐための早期発見・早期治療に関する研究」「依存症等の慢性化予防・再発予防のためのリハビリテーションに関する研究」「その他、地域精神保健の向上に寄与する研究や啓発」等を中心に、各種依存症の予防啓発活動、症状の複雑化・重症化を防ぐ早期発見・早期治療、 治療後の 再発予防を研究目的とし活動しています。

リンク情報・・・KONUMA記念広島薬物依存・地域精神保健研究

 

「依存症治療プロジェクト」について

医療法人せのがわでは、一度発病するとなかなか止めることができない、薬物依存症やアルコール・ギャンブル依存症の治療を主に扱った、チーム医療による専門の治療プロジェクトを実施しています。治療プロジェクトでは、依存症は治らない病気ではなく、治りにくい病気であることを念頭に置き、様々なアプローチで治療にあたります。

リンク情報・・・依存症治療プロジェクト

 

「依存症カウンセリング」について

「依存症」は一度発病するとなかなか止めることができない病気ですが、治らない病気ではなく、治りにくい病気です。そのためにも、まずは「依存症」であるかどうかの診断が重要になってきます。よこがわ駅前クリニックでは、ギャンブル依存症・アルコール依存症等について、依存症かどうかの診断やカウンセリングを行っています。これってもしかして・・・と思われたら、お気軽にご相談下さい。

リンク情報・・・よこがわ駅前クリニック「依存症カウンセリング」