患者様の立場に立った良質な医療サービスを目指します

医療法人せのがわ

新着情報

  • イベント
  • 3月15日(金)、広島県依存症治療拠点機関事業「医療従事者等向け研修会」開催のお知らせ

平成31年3月15日(金)14:30~17:00、医療法人せのがわ Senoリバービレッジ1F 大会議室にて、広島県依存症治療拠点機関事業「医療従事者等向け研修会」が開催されます。

「医療従事者等向け研修会」では、国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 薬物依存研究部 部長・病院薬物依存症センター センター長 松本俊彦氏を講師に迎え講演を行うと共に、医療法人せのがわ KONUMA記念広島薬物依存・地域精神保健研究所 所長 加賀谷有行医師による講演を行います。

当研修会は保健医療福祉の分野の業務に携わる人を対象に、「アルコール健康障害」「薬物依存症」「ギャンブル依存症」のそれぞれの依存症に関する医療機関等への研修を行い、予防や必要な時に適切な医療を受ける事が出来る体制の充実を図ります。参加費も無料となっておりますので、是非お気軽にご参加下さい!

 

 

「医療従事者等向け研修会」の参加申込はこちら

「医療従事者等向け研修会」への参加申込みは、3月1日(金)までに、「FAX」又は「メール」にてお申し込みください。

FAXの方はこちら・・・3月15日(金)「医療従事者等向け研修会」(PDFファイル)

メールの方はこちら・・・お問い合わせフォーム

 

「広島県依存症治療拠点機関の選定」について

広島県依存症治療拠点機関とは、依存症患者が地域で適切な医療を受けられるようにすることを目的として広島県が選定した機関です当院は、「アルコール健康障害」「薬物依存症」「ギャンブル依存症」のそれぞれの依存症に関する医療機関等への研修を行い、予防や必要な時に適切な医療を受ける事が出来る体制の充実を図ります。

リンク情報・・・広島県依存症治療拠点機関の選定について

 

「依存症治療プロジェクト」について

医療法人せのがわでは、一度発病するとなかなか止めることができない、薬物依存症やアルコール・ギャンブル依存症の治療を主に扱った、チーム医療による専門の治療プロジェクトを実施しています。治療プロジェクトでは、依存症は治らない病気ではなく、治りにくい病気であることを念頭に置き、様々なアプローチで治療にあたります。

リンク情報・・・依存症治療プロジェクト